たんめも

悟空のきもち 広告費ゼロの巧みなマーケティング

悟空のきもち「51万人予約待ち」強烈人気の裏側

悟空のきもち。日本一予約のとれないドライヘッドスパ専門店

今ネット上で人気、クチコミすごい。

キャンセル待ち51万人。広告費はゼロ。

深層心理を利用した巧みなマーケティング

  1. 予約はネットを通じてのみで、間口をめちゃくちゃ狭めてる。そうすると人があぶれるからキャンセル待ちが大量に。
  2. そんなに予約待ちになるってすごい人気なんだ、という心理を利用してより一層予約殺到。深層心理を巧みに利用したマーケティング。一度マッサージを受けた人は、施術直後にループ予約ができる(1ヶ月以内に確実に受けることが出来る)
  3. 全然予約できないし、長らく待って漸く受けれたマッサージが今なら確実に予約取れる→お得じゃん!!という心理を利用してリピーターを強固にしていく。
  4. そうすると余計通常予約の間口が狭くなり予約困難に
  5. 大衆に魅力的に映り人気が更に上がる。

非常に巧みだなぁ。

ちなみに2回リピートすると(つまり3回施術受けると)友人を確実に予約させることが出来るシステムもある。これまた女性社会の心理を上手くついてる。

〜ちゃんが紹介してくれた!おかげで人気のところ行けたよありがとう❤最高に気持ちよくて寝落ちしちゃった

みたいな、Instagramでよく見かける光景。店長含め社員は全員女性。だからこそ、客層の心理良くわかってんなぁ…という感想。

『社員は女性のみ』を謳っているが、男女平等参画社会的にどうなの?問題にならないのかな。これが『社員は男性限定』って謳ったら大炎上しそうなものだけれど。

とにかく非常に巧みなマーケティングだなと。