仮想通貨を知る

インサイダー取引|何故仮想通貨では禁止されていないの?

 

こんにちは、貧乏大学生のたんめんです。

貧乏大学生から見た仮想通貨ブログにお越しくださり、ありがとうございます。

今回は『いまさら聞けない、投資用語解説』ということで、

『インサイダー取引』、別名『内部者取引』とは。そして何故仮想通貨では禁止されていないのか。について解説していきます。

インサイダー【insider】は日本語に訳すと【内部の人】となるので、内部者取引は直訳ですね。

インサイダー取引とは

インサイダー取引とは

上場会社または親会社・子会社の役職員や大株主などの会社関係者、および情報受領者(会社関係者から重要事実の伝達を受けた者)が、その会社の株価に重要な影響を与える「重要事実」を知って、その重要事実が公表される前に、特定有価証券等の売買を行うことをいい、金融商品取引法で規制されています。

カブドットコム証券より引用

簡単に要約すると

事前に『上がるよ』『下がるよ』という情報がわかっていれば、簡単に利益を上げれるけど、やっちゃダメだよ、フェアじゃないからね。

ってことです。

なので株式では禁止されています。

【 株 式 で は 】禁止されています

そう、仮想通貨では禁止されていないんです。

何故仮想通貨では禁止されていないの?

理由としては

・仮想通貨は『法定通貨』に該当しない

 ・仮想通貨は『有価証券』に該当しない

とされているからです。

今の政府の見解は上記の通りですが、これから仮想通貨が普及していけば、法的に規制されてくることもあり得る。と思っています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

このように仮想通貨は、まだまだ法的な規制などがされていない領域です。

規制されていない、ということは、保証されていない、ということでもあります。

規制されていない分、行動の自由度が広がりますが、すべての行動には自己責任が伴います。

正しい知識を身に着けて、様々な情報に踊らされず、仮想通貨と関わっていきたいですね。

 

貧乏大学生から見た仮想通貨ブログにお越しくださり、ありがとうございます。

それでは今日はこの辺で。

是非、twitterのフォローもお願いします たんめん

オススメ取引所

1. Zaif (ザイフ)

Zaif は、NEM(XEM)やMONAコインなども扱っていて、手数料がマイナスです。

Zaif は、国内で唯一積立投資ができ、マルチシグにも対応しています。 2. bitFlyer (ビットフライヤー)

bitFlyer は2018.02.03現在、世界で一番セキュリティが高い取引所の評価を得ています。もちろんマルチシグにも対応

bitFlyer は『セキュリティ・ファースト主義』と謳っているだけあって、世界一のセキュリティと評価を受けていますので、安心して使うことが出来ますね。

 

ABOUT ME
たんめん
たんめん
そこらへんの地方国立大に生息している貧乏大学生です。限りある資金を増やすために投資を始めました。直感的に理解しやすいよう、図解を中心に、解説していきます。