酷道・林道・峠

日本三大酷道、国道425号線(死にGO)和歌山県側走破【Part.1】

こんにちは、たんめんです

日本三大酷道のひとつである、国道425号の和歌山県側を完走してきました。

国道425号、通称死にGOと呼ばれている、なかなか洒落た酷道です。

写真をたくさん使って、雰囲気を伝えられたらなと思います。

ちなみに、ザ・酷道!!となるのは【Part.3】からです。
というか目玉や絶景はほとんど【Part.3】にあります。

正直、【Part.1】【Part.2】【Part.3】の前座みたいなものです。
“サクッとおいしいところだけ読みたい!”という方は、ぜひ【Part.3】を読んでくださいね!

そして…

行く場合はくれぐれも気を付けて!!!

本当に危険なので、気を付けてくださいね。

和歌山県側の425詳細

この記事【Part.1 ~ Part.3】で書くのは↓赤色マークの範囲です。

海側の御坊市、和歌山県側425号線の起点からスタートして、奈良県に入るまで。

そこで引き返すという形をとります。

(事前のリサーチにより、奈良県に入ったところ付近で道路決壊ということが分かっていたため。事前リサーチの仕方などは後ほど説明します。)

【Part.1】で書く区間

この記事で書く範囲は↑↑↑です。
国道425号の西端の始点から、国道424号までを書いていきます。

御坊市から出発

まずは給油します。

(有)浜口石油 セルフ御坊島SSにて給油しました。

ホームセンターでふと見かけて買った燃料添加剤もついでに

加速力UP って書いてあったけど、ほんまか~~~??

何はともあれ、酷道走るぞって時に入れるもんではないな。

いざゆかん!国道425号へ

さて、425突入。いざ!!

左の看板には「国道425号 印南町川又地内 大型車通行不能」と書いてあります。リサーチ通り。ワクワクしますね。

雨の影響もあってか、ここら辺は道路なのか川なのか、どっちもなのかよく分かりません。

雨の日走るなら注意したほうがよいですね。


川と道路が一体と化す印南町425号

 

横に見えてきた西神ノ川 濁流です。

国道425号、和歌山県側は川沿いの道になります。

川はたくさん枝分かれしてるので、川の名前はコロコロ変わっていきますが、この川の上流へ登って行くかたちになります。

いや、やばいだろ。え、普通にやばくね?

すばらしき酷道!!!胸が高鳴ります。


真妻トンネルを抜け進む。ここら辺はまだトンネルに電気がついててあまり酷道感はない。

工事の為、少し迂回

迂回ポイントです。

ここはしばらく工事のため、迂回路が用意されています。


迂回路を進む

425号へ戻り、インスタ映えポイントへ

国道425号線に戻ります。

ちょっと酷道感がでてきていい感じです。

木が倒れていたり、道半分が水に浸かっていたり。

台風21号の影響が色濃く残っています。

所謂インスタ映えというやつ!

景色、雰囲気は最高ですね。ついつい写真を撮りたくなる場所多数です。


インスタ映えポイントの横には、川又国有林という看板や、錆び錆びの看板が。「水源かん養保安林」と書いてあります。

電気一つついていない真っ暗なトンネルと抜けると…

 

 

 

おお!!!酷道ぽい!!

イイですねぇ、カーブミラーもいい感じに倒れてます。

道路は水浸しですが、ここはまだガードレールとかしっかりあります

横は濁流ですが。

 

ここでいったん酷道425号は途切れます。

国道424号を走って、次の酷道425号起点へと向かいます。

 

横は濁流→
恐らく、普段は綺麗な川だと思われる。

Part2へ続く…