仮想通貨を知る

【図解】公開鍵暗号方式と、取引所での秘密鍵の管理方法まとめ

 

 

こんにちは、たんめんです。

貧乏大学生から見た仮想通貨ブログへお越しくださりありがとうございます。

 

さて、前回のマルチシグについての記事で触れた公開鍵秘密鍵ですが、

この、公開鍵と秘密鍵を利用したセキュリティシステムのことを

『公開鍵暗号方式』

と言います。

この『暗号方式』自体に関して言及しているところがなかなか無いので

今回は、

仮想通貨界を支える『公開鍵暗号方式』

『取引所がその公開鍵暗号方式をどのように利用しているか』

について図解していきます。

仮想通貨界を支える『公開暗号方式』とは

前回、マルチシグについての記事にて

公開鍵は南京錠

秘密鍵は南京錠を開ける鍵のようなもの

と例えましたが、

この 公開鍵秘密鍵 から生成されます。

イメージとしてはこんな感じです。

開けるための鍵から、鍵穴のほうを生成する。という現実で考えると不思議な感じですね。

そして重要なのは、

公開鍵から秘密鍵を作ることも知ることもできない。

というところです。

不可逆的なのです。

一方通行。

だから安全が守られているんですね。

そして、

秘密鍵は、銀行の口座のように個人情報と結びついていません。

つまり、

秘密鍵をもっている=仮想通貨の所有権がある

秘密鍵をもっていることこそが、仮想通貨の所有権 となるので

秘密鍵の厳重な管理が求められるのです。

この重要な秘密鍵の管理、取引所ではどのように管理されているのでしょうか。

取引所での公開鍵と秘密鍵

取引所に仮想通貨が預けてある場合、取引所が秘密鍵を管理しています。

あなたは秘密鍵を見ることすら不可能です。

そして、

実は、一つの公開鍵から限りない数のアドレスを生成することが可能です。

取引所はこれを使って、まず保有する秘密鍵から公開鍵を生成します。

そしてその公開鍵から作り出した無数のアドレスを取引所の利用者に割り当てているんです。

イメージとしてはこんな感じですね。

なので、

取引所では公開鍵と秘密鍵を集中的に管理

しています。

しかし、集中的に管理する分、取引所は外部からのハッキング攻撃などの対象となります。

取引所では多額の現金や仮想通貨を取り扱っている上、

その仮想通貨の所有権とも言える秘密鍵を集中的に管理している

のですから、サイバー攻撃の標的になりやすいのは当然ですね。

このようなリスクがあるからこそ、取引所は

前回取り上げたマルチシグの適用

● コールドウォレットでの資産管理

など、より強固なセキュリティ対策が求められています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

意外と知られていない取引所の秘密鍵の集中管理。

 

前回のコインチェックのNEM盗難事件のように

取引所が外部からサイバー攻撃を受けて仮想通貨を盗まれてしまう。

などといったリスク (カウンターパーティーリスクといいます) をしっかりと理解した上で、慎重に行動したいですね。

 

今回はこの辺で。

貧乏大学生から見た仮想通貨ブログにお越しくださりありがとうございます。

Twitterもやってます。 たんめん

オススメ取引所

1. Zaif (ザイフ)

Zaif は、NEM(XEM)やMONAコインなども扱っていて、手数料がマイナスです。

Zaif は、国内で唯一積立投資ができ、マルチシグにも対応しています。 2. bitFlyer (ビットフライヤー)

bitFlyer は2018.02.03現在、世界で一番セキュリティが高い取引所の評価を得ています。もちろんマルチシグにも対応

bitFlyer は『セキュリティ・ファースト主義』と謳っているだけあって、世界一のセキュリティと評価を受けていますので、安心して使うことが出来ますね。

 

ABOUT ME
たんめん
たんめん
そこらへんの地方国立大に生息している貧乏大学生です。限りある資金を増やすために投資を始めました。直感的に理解しやすいよう、図解を中心に、解説していきます。