仮想通貨を知る

【図解】ローソク足チャートとは

こんにちは、たんめんです。

貧乏大学生から見た仮想通貨ブログにお越しくださりありがとうございます

 

今回はローソク足について解説していきます!

仮想通貨投資が初めての投資だという人は多いと思います。

私も仮想通貨が初めての投資です。

 

最初、Twitterなどを見ていて、ローソク、陰陽、下ヒゲ、上ヒゲ、日足…などなど

陰陽…陰陽師??

下ヒゲ…ヒゲ……黒髭船長??

という感じでした。

今回はこれから投資をしていくうえで非常に大切で、そしてずっと関わってくる、ローソク足チャートについて図解していきます。

ローソク足チャートとは

ローソク足チャート(ローソクあしチャート)は、株価などの相場の値動きを時系列に沿って図表として表す手法の一つ。ローソクチャートともいう。

単位期間を定め、単位期間中に初めに付いた値段を始値、最後に付いた値段を終値、最も高い値段を高値、最も安い値段を安値とし、この四種の値段(四本値)をローソクと呼ばれる一本の棒状の図形に作図し、時系列に沿って並べて株価の変動をグラフとして表したものである。

ローソクには、始値よりも終値が高い陽線(ようせん)と、始値よりも終値が安い陰線(いんせん)の2種類がある。古くは陽線が赤、陰線が黒で書き表されていた事、値段が上ると明るい印象があり、下がると暗い印象がある事、相場の動きを陰陽道に絡めて考えた事などから陽線・陰線の名が付いている。相場に関する印刷物が刊行されるようになった際、コストの高いカラー印刷を嫌って陽線を白抜きの四角形、陰線を黒く塗り潰した四角形で表示する様に変化し、現在の紙媒体ではおおむね黒と白で表示する。

始値と終値をローソク足の実体で、期間中の安値と高値はそこから伸びるヒゲで表現する。なお、4つの値のうち、2つ(ないしそれ以上)が同じ値になると、ヒゲや実体のない変則的なローソク足になる。

引用元:Wikipedia【ローソク足チャート】

文章で見ても堅苦しいので、視覚的に分かり易く図で説明します

これがローソク足チャートのローソク足と言われるもので

陰線陽線があります。

上の画像の通り、白黒の場合は白抜き、赤緑での表示の場合は中抜きの緑か、緑色の塗りぶしか、基本この3つです。

陰線は黒の塗りつぶしか、赤の塗りつぶしで表示されることがほとんどです。

 

ローソク足の見方

次はローソク足の見方です

一時間の間の変動を一つのローソク足で表現したものを例に見てみます。

【陽線の場合】

陽とはプラスです。

最終的に上昇したということです。

終値(おわりね)-始値(はじめね)=プラス!

【陰線の場合】

陰とはマイナスです。

最終的に下落したということです。

終値(おわりね)-始値(はじめね)=マイナス!

 

上ヒゲとか下ヒゲとか聞きますが、これは図の通り、始値と終値の範囲から一時的に飛び出た最高値と最低値です。

陽線の場合は
上ヒゲ=終値と高値の差、下ヒゲ=始値と安値の差

陰線の場合は
上ヒゲ=始値と高値の差、下ヒゲ=終値と安値の差

もちろん始値と終値の範囲から飛び出なければ、ヒゲ無しもあり得ます。

片ヒゲだけ、というのもよく見かけますね。

 

単位期間

定める単位期間によって、表せる内容が変わります。

単位期間5分とすれば、比較的短期間な価格変動が分かります。

単位期間1時間とすれば、1時間で上昇傾向にあるのか、下落傾向にあるのか、分かります。

もっと長く、

単位期間1日のものを『日足(ひあし)』、

単位期間1週間のものを『週足(しゅうあし)』、

単位期間1ヵ月のものを『月足(つきあし)』と言い、

さらに長いもので、単位期間1年のものを『年足(ねんあし)』なんてものもあります。

ローソク足の一本一本が、単位期間あたりの大まかな値動きを表しています。

基本的に仮想通貨はまだ比較的新しいので、最長でも『日足(ひあし)』くらいまでが良く見られますね。

最後に

いかがでしたでしょうか。

コインチェックスマホアプリでは線チャートとローソク足が選べます。

表しているものは同じです。

オレンジで囲んである部分は同じですが、ローソク足のほうが後からいろいろと応用が利くので、ローソク足チャートに慣れることをオススメします。

補足


〔※ご本人様から掲載許可をいただきました〕

フォロワーさんから『線チャートとローソク足チャートでは表示する時間の単位が異なるのは何故?』という質問をいただいたので、補足させていただきます。

ローソク足チャート

ローソク足チャートですと、下の表す時間は【ローソク一本あたりの時間】ですので、上の図のようになります。

線チャート

線チャートですと、下の表す時間は【線チャートで表示する端から端までの時間】ですので、上の図のようになります。

 

だからローソク足チャートの選択できる時間と線チャートで選択できる時間が異なる、ということです。

質問ありがとうございます。非常にありがたいです。
このように補足などで対応させていただきますので、疑問に思う点などあれば遠慮なくご質問ください!

それでは今回はこの辺で。

貧乏大学生から見た仮想通貨ブログにお越しくださり、ありがとうございます。

Twitterもやっていますのでよろしければ是非 たんめん

オススメ取引所

1. Zaif (ザイフ)

Zaif は、NEM(XEM)やMONAコインなども扱っていて、手数料がマイナスです。

Zaif は、国内で唯一積立投資ができ、マルチシグにも対応しています。 2. bitFlyer (ビットフライヤー)

bitFlyer は2018.02.03現在、世界で一番セキュリティが高い取引所の評価を得ています。もちろんマルチシグにも対応

bitFlyer は『セキュリティ・ファースト主義』と謳っているだけあって、世界一のセキュリティと評価を受けていますので、安心して使うことが出来ますね。

 

ABOUT ME
たんめん
たんめん
そこらへんの地方国立大に生息している貧乏大学生です。限りある資金を増やすために投資を始めました。直感的に理解しやすいよう、図解を中心に、解説していきます。