仮想通貨を知る

XVGコインまとめ|革新的なレイスプロトコル技術とこれからの展望

こんにちは、たんめんです。

貧乏大学生から見た仮想通貨ブログへお越しくださり、ありがとうございます。

今日はかわいい公式キャラクター『バージリスク』君でも有名な、

XVG【バージコイン/Vergecoin】

についてまとめます。

XVG【バージコイン/Vergecoin】

発行上限:165億5500XVG

 

仮想通貨の中でも匿名性が高い、匿名通貨の一種

匿名と非匿名を選べるのが特徴

 

後述しますが、実はこれ、すごく画期的なことなんです。

順を追って見ていきましょう。

XVG【バージコイン/Vergecoin】とビットコインの違い

以下にビットコインを含む多くの仮想通貨の特徴と問題点を上げます

・多くの仮想通貨はすべての決済情報をブロックチェーン上に記録

 →誰でもその中身を確認することが可能。

・全ての取引情報がオープンである

  メリット:改善、不正が不可能

  デメリット:プライバシーが守られない

・またビットコインは送金手数料が高く、また送金時間も長い

つまり、

改善や不正が不可能【セキュリティが高い】で、

 なおかつ匿名性が高く【プライバシーが守られる】

 送金スピードが速い 仮想通貨があればベスト!!

ですよね。

そんな問題を一挙に解決するのが、

 XVG【バージコイン/Vergecoin】です!

XVG【バージコイン/Vergecoin】のセキュリティと匿名性

セキュリティ

まずはセキュリティに関してです。

XVG【バージコイン/Vergecoin】には、

 ・Scrypt

 ・X17

 ・Groestl

 ・blake2s

 ・lyra2rev2

という5つのハッシュアルゴリズムが使用されていて、セキュリティが堅牢です。

匿名性

次は匿名性に関して。

匿名化するときは、Torとi2PによりIPアドレスまで秘匿状態で送金できるため、匿名性が守られます。

Torとは? i2Pとは?

順を追ってみていきましょう。

Torとは

Tor(トーア、英語: The Onion Router)とは、TCP/IPにおける接続経路の匿名化を実現するための規格、及びそのリファレンス実装であるソフトウェアの名称であり、P2P技術を利用したSOCKSプロキシとして動作する。Torという名称は、オリジナルのソフトウェア開発プロジェクトの名称である「The Onion Router」の頭文字を取ったものである。

Torのリファレンス実装は、WindowsやmacOS、Linux等の各種Unix系OSで動作する。Windows版では設定済みのTorとMozilla Firefoxをセットにし、USBメモリに入れての利用を想定したゼロインストールパッケージも用意されている。

Torは主として接続経路を匿名化するものであり、通信内容を秘匿するものではない。Torでは経路の中間に限り一応の暗号化を行っているが、経路の末端では暗号化が行われていない。通信内容の秘匿まで行う場合は、TLSなど(HTTPSやSMTP over SSLなど)を用いて、別途暗号化を行う必要がある。

Wikipediaより引用

i2Pとは

I2P(The Invisible Internet Project: 「不可視インターネットプロジェクト」)とは、コンピュータネットワークによる通信の始点と終点を匿名化し、さらに端点間の通信内容も暗号化するという方法で匿名化されたネットワークを構成するソフトウェア、およびプロトコルの名称である。

I2Pにおける通信では端点は暗号化された識別子(公開鍵暗号の鍵ペアにもとづく)によってネットワーク上で一意に識別される。TCP/IPによる通信がホスト名(IPアドレス)とポート番号によって一意に識別される事と似ている。このI2Pの端点識別子からはIPアドレスを知る事ができないため、ネットワークの利用者、サービス提供者ともに匿名での通信が可能になっている。

I2Pは既存のTCP/IPネットワークの上にオーバレイされたネットワークとして機能する。I2PネットワークのAPIを直接使ったアプリケーションの開発が計画されているが、今のところ存在しない。かわりに、既存のアプリケーションをI2Pネットワークを通信路として利用できるようにするためのブリッジ(プロキシ)ソフトウェアI2PTunnelが提供されている。

Wikipediaより引用

要約すると、

《接続経路を匿名化するTor》

《始点・終点を見えなくするi2P》

を使って匿名性を保ってますよ。ということですね。

イメージとしてはこんな感じです。

【図】(準備中)

Wraith Protocol【レイスプロトコル】という技術

そして何よりXVG【バージ】に特徴的なのがこれ!

プライバシーの選択が可能な

Wraith Protocol【レイスプロトコル】という技術です!

完全版が2018.01.09にリリースされました!!

取引履歴の公開、非公開を選択可能

どちらの場合も 《匿名性は維持される》 という革新的なものです。

分かり易い図はこちら

著者:CYANO

 

レイスプロトコルについて、ここはめちゃくちゃ分かり易く翻訳してあります↓

レイスプロトコルとは?

翻訳済みの文章じゃなくて、原文が読みたいって強者はこちらをどうぞ↓

What is Wraith Protocol ?

レイスプロトコルの最新技術情報も公開されていますよ↓

レイス・プロトコル 最新技術情報→【Verge Blackpaper v3.0

その他XVG【Verge】の強み。

●決済スピード

約5秒。ビットコインと比べると爆速です。

●幅広い送金手段

TwitterなどのSMS上でつぶやくだけで簡単に送金が可能。

ネット上で情報を発信する手軽さで、通貨も送信できるというのは革新的ですよね。

しかも既に実装されていて、

Twitter、Telegram等で送金サービスを展開 しています。

 

すごいですね。

XVG【Verge】の魅力が濃縮された動画

これを見ればXVGが分かる!

匿名性が高いことによる、投機としての危険性

匿名性が高いことによるデメリット

これは匿名性のメリットと裏返しなのでどうしようもないことですが、

匿名性が高いことにより、犯罪に使われやすくなる可能性があります。

薬物売買や闇取引、脱税などですね。

もしそのようなことに多用されると

 →国や政府が規制する

  →規制がきっかけで暴落する

という危険性もあります。

このリスクを踏まえた上で、今後の動向に注意して投資するのであれば

十分に投資する価値があると思っています。

 

是非、twitterのフォローもお願いします たんめん

購入方法

XVG【バージ】を買うならBinance【バイナンス】で! 

バイナンスの登録はBinance【バイナンス】

国内使いやすさNo.1

仮想通貨投資を始めるならCoinCheck【コインチェック】

その他国内オススメ取引所

1. Zaif (ザイフ)

Zaif は、NEM(XEM)やMONAコインなども扱っていて、手数料がマイナスです。

Zaif は、国内で唯一積立投資ができ、マルチシグにも対応しています。 2. bitFlyer (ビットフライヤー)

bitFlyer は2018.02.03現在、世界で一番セキュリティが高い取引所の評価を得ています。もちろんマルチシグにも対応

bitFlyer は『セキュリティ・ファースト主義』と謳っているだけあって、世界一のセキュリティと評価を受けていますので、安心して使うことが出来ますね。

 

ABOUT ME
たんめん
たんめん
そこらへんの地方国立大に生息している貧乏大学生です。限りある資金を増やすために投資を始めました。直感的に理解しやすいよう、図解を中心に、解説していきます。